日販協近畿地区本部、新年賀詞交歓会を開催

 date : 2020年1月16日

日販協近畿地区本部(福田孝吏本部長)の新年賀詞交歓会が1月16日、大阪・北区の新阪急ホテルで開催され、会員、折込広告、国会議員など約600人が出席した。
福田本部長は「私たちは今日まで活字文化と民主主義を支える公共財としての新聞を矜持を持って発行本社と尽力してきた。近畿本部の決意のほどをご理解いただきたい」と訴えた。

東京組合、新聞・折込合同賀詞交換会を開催

 date : 2020年1月16日

東京都新聞販売同業組合(大野善司組合長)主催の「新聞・折込合同賀詞交換会ならびに感謝の集い」が、1月16日に東京・高輪の品川プリンスホテルで開催され、新聞、折込関係者、東京都議ら170名が参加した。
大野組合長は、昨年は業界内で大きな変化があったとして、「今年はその変化に対応できるかどうか勝負の分かれ目になる」と呼びかけた。

多摩組合、新年賀詞交歓会を開催

 date : 2020年1月15日

多摩新聞販売同業組合(駿河盛組合長)は、1月15日に新年賀詞交歓会を立川市のホテル日航立川東京で開催、会員、折込関係者など70名が参加した。
駿河組合長は、折込対策、新聞感想文コンクール、クレーム撲滅などについて会員へ協力を求めた。

東京・北区組合「比べて読もう新聞コンクール」表彰式

 date : 2019年12月 9日

東京・北区新聞販売同業組合と北区教育委員会が主催する第7回『比べて読もう新聞コンクー』の表彰式が12月9日、北区王子の「北とぴあ」で行われた。
新聞を活用した授業を通して思考力、判断力、表現力などを育成しようと、同区が取り組む「新聞大好きプロジェクト」の一環で実施、6,710点の応募があった。
山田秀明組合長は、「国際的な学力調査で日本の子ども達の読解力低下が明らかになった。日頃から新聞や本などを読み、活字に触れる機会を設け、より高いレベルの読解力身に付けてほしい」と呼びかけた。

しずおか新聞感想文コンクールで表彰式

 date : 2019年12月 7日

しずおか新聞感想文コンクールの表彰式が12月7日、静岡市の静岡新聞放送会館で開かれた。
応募作品742点から小、中、高の3部門で上位入賞者15人を表彰した。
木苗直秀教育長らが賞状や盾を手渡し、審査員長の三科守県立中央図書館長が「情報の宝庫である新聞を活用して、考える力を育てていってほしい」と述べた。