「すべ教」運動の一環で講演会を開催―大田組合

 date : 2013年11月21日

東京都大田区の大田新聞販売同業組合(大塚悟史組合長)は11月20日、大田区教育委員会の後援のもと大田区民ホール・アプリコ大ホールで教育評論家・尾木直樹氏の講演会を行った。
松原忠義大田区長、大田区教育委員会・清水繁教育長ほか、一般の聴講者約1,400人が来場した。

大田組合は「すべての教室へ新聞を」運動として、傘下全販売店参加により今年4月から区立の小中学校全87校に新聞を配布している。活動の一環として「この人に聞きたい」と題する無料講演会の毎年開催を決定。第1回として尾木直樹氏を招へいした。
開演に先立ち大塚組合長は、「この講演会に小中学校の父兄保護者の皆様を招待することができた。今後も組合活動の一環として講演会を続けていきたい」と語り、「すべ教」実施にかかわった関係者へ感謝を述べた。