• ホーム
  • TOPICS
  • 第2回「比べて読もう新聞コンクール」表彰式 東京都北区組合

第2回「比べて読もう新聞コンクール」表彰式 東京都北区組合

 date : 2014年12月11日

東京都北区教育委員会と北区新聞販売同業組合(副田義隆組合長=読売・西赤羽)共催の「第2回 比べて読もう新聞コンクール」の表彰式が12月10日、北区王子の北とぴあで開かれ、応募総数4027点の中から北区長賞(最優秀賞)に選ばれた西ヶ原小学校6年の小林亜里沙さんら41人に賞状と副賞が贈られた。
このコンクールは、北区の「新聞大好きプロジェクト」の一環として区内の学校に通う小中学生を対象に行われ、2つ以上の新聞記事を読み比べて分かったことや、考えたことを書いて応募する。
最初に加藤和宣北区教育委員会委員長があいさつに立ち、「比べて読もう新聞コンクールは、教育委員会と区内の新聞販売同業組合が共催するプロジェクトで全国初の取り組みである。本コンクールでは、区内に通学している小中学生から昨年を上回る4027点の応募があった。その中から、1次審査、最終審査を通過し、栄えある賞を受賞された皆さんおめでとう。今後もぜひ継続して新聞を活用し、情報化社会の中で主体的に考え、行動できる考えを身に付けてもらいたい」と話した。