• ホーム
  • TOPICS
  • 東京組合、ポスティング事業「サンポス」、10月に試行配布

東京組合、ポスティング事業「サンポス」、10月に試行配布

 date : 2017年7月19日

東京都新聞販売同業組合(長谷川孝夫組合長)は7月に開いた正副組合長会議で、組合が行うポスティング事業について、目黒区と江戸川区の2地区を実験地区として10月から実施すると報告した。新聞購読者の減少や折込収入が落ち込む中で、新たな収入源の獲得を目指し、今年2月にポスティング研究プロジェクト委員会(委員長=大野善司副組合長)を立ち上げ、どのような事業ができるか検討してきた。6月には23地区組合を対象に説明会を行い参加地区を募った。7月から8月にかけては各折込会社を訪問、趣旨を説明して協力を求めた。「サンポス」と名付けたポスティング事業は、11月からの本格的スタートを予定している。