• ホーム
  • TOPICS
  • 東京都大田組合 「新聞コンクール」を開催

東京都大田組合 「新聞コンクール」を開催

 date : 2017年11月17日

東京都大田区新聞販売組合(佐々木秀悦組合長)は11月17日、区民ホールで第1回「親子で読もう!新聞コンクール」の表彰式を開催、1,197件の応募から、区長賞はじめ8名が選ばれた。
佐々木組合長は、「本日は今回で5回目になる『この人に聞きたい!』と、今年から始めた『親子で読もう!新聞コンクール』の表彰式を行う。コンクールには1,200点の応募があり、選考に苦労したが、素晴らしい作品8点を選んだ。私たちは新聞を配達するだけでなく、新聞の良さなどを普及させていきたいと思っている」と述べた。
来賓を代表して松原忠義区長は、「大田区には小中学校が87校あり、そのすべての学校に新聞を配布していただいている。活字離れ、ペーパーレスだといっても紙の新聞が果たす役割はしっかりあると思う。今日は新聞コンクールの表彰式もあるが、新聞を読んで自分のものにして作文にして発表することは大変なこと。そこには読解力、まとめる力、書く力が養成される。親子で新聞を読むということで親子の触れ合いも深まっていく。これを機に励んでいただきたい」と新聞コンクールに期待を寄せた。