事業計画

 

平成28年度事業計画(平成28年7月1日 ―平成29年6月30日)

<事業の基本方針>

文字・活字文化の中軸をなす新聞戸別配達の維持・発展を目指すべく、新聞のPR活動や地域とのつながりを深める多様な社会貢献活動を提唱する。

さらに、新聞の普及は文化の普及の観点に立ち、関係団体と連携し新聞の健全な普及と公正な販売競争など、内部要因の是正に向けた活動の推進に努める。

また、会員販売店における交通災害の減少に向け、引き続き注意喚起を進める。

<事業項目>

1、新聞の普及に向けた改善に関する事業

(1)再販売価格維持制度及び新聞特殊指定の堅持

戸別配達制度による文字・活字文化普及の根幹をなす再販売価格維持制度及び新聞特殊指定の堅持に向け、関係団体と連携しつつ、必要に応じ対応する。


(2)特定商取引法、消費者契約法の見直しに対する対応

訪問販売や電話による勧誘は、事業者による正当な営業活動であり、これへの過剰な法規制は経済全体への影響にとどまらず、地域社会への影響も懸念されることから、今後も関係省庁へ慎重な検討を要請する。


(3)公正販売の実現に向けた特定商取引法など関連法令の周知徹底

過剰景品等による不公正な販売競争や訪問勧誘などでの読者苦情の徹底的な撲滅が緊急課題であることを踏まえ、関係団体と連携し、取り組みを推進する。


(4)地域ごとに系統を越えた「話し合いの日」の実施徹底の提唱

同一エリア内の系統を越えた各販売店の話し合いの重要性と必要性を継続して提唱し、「話し合いの日」の定例開催を会合等を通じ呼びかける。

 

2、文字・活字文化の振興に資する事業

(1)子どもと社会をつなぐ「すべての教室へ新聞を」運動の推進

「すべての教室へ新聞を」運動は、「子どもの読書活動推進法」の理念にもとづき、文部科学省の後援のもと平成14年以来、各地で推進されている。新聞を無償で提供するボランティア活動の推進を図り、子供達と学校教育への一層の貢献に資する。


(2)「しんぶん配達の日」PR活動を推進し戸別配達制度の重要性の広報

毎朝、定時に全国一斉に配達されている新聞の戸別配達制度の重要性を内外に伝える「しんぶん配達の日」の周知に向け、ポスター等の製作や会報紙、ホームページ等で戸別配達の重要性の広報を進める。


(3)地域社会との連携を深める社会貢献活動の提唱

新聞販売の特性を生かした地域の安心・安全に資する活動など、多様な社会貢献活動が、さらに推進されるよう呼びかける。

 

3、新聞の戸別配達制度の堅持に関する事業

(1)新聞休刊日の従前どおりへの復元とその合理的設定を求める活動

年12回の休刊日の復元へ、引き続き発行本社販売局幹部との会合の場などを通じ、要請を続ける。


(2)配達時の交通災害の防止に向けた取り組み強化

新聞販売業における交通労働災害が恒常的に高止まり傾向にあることから、引き続き、交通事故災害防止へ、ポスター、ホームページ等で広報するほか、地元警察や労働基準監督署と連携した取り組みの徹底推進を各地区組織へ呼びかける。


(3)労働環境の整備適正化の推進

戸別配達制度の維持に向け、各地区ごとに労働環境の改善、整備について、系統を超えた取組みの検討を会合等で呼びかける。

 

4、前各号に掲げるものの他本会の目的を達成するために必要な事業

(1)会報紙及び現地訪問等による組織の充実及び拡大

未組織地区、系統会への本会活動の紹介や現地訪問を推進し組織の拡充、拡大に努める。


(2)折込広告事業者団体との連携

折込広告事業者の全国組織である一般社団法人日本新聞折込広告業協会との情報交換等、連携を進める。


(3)日本新聞販売協会賞等の表彰事業

通常総会時に、永年の業界功労販売店主を日本新聞販売協会賞に叙し、表彰を行う。