道新会連合会が日販協組織への加入を決定

 date : 2012年6月27日

社団法人日本新聞販売協会の北海道地区の組織である北海道地区本部へ、北海道新聞社系列の販売店の加入が正式に決定した。19日に開催された道新会連合会(長澤茂嗣会長)の総会に諮られ、日販協組織への加入が決まった。

北海道地区本部は、平成13年11月に設立総会を開催し、北海道での日販協組織としてスタートしたが、道新系販売店の加入までには至らなかった。その後、北海道での「すべての教室へ新聞を」運動や、札幌での新聞販売フォーラム、新築マンションでの階上配達の取り組みなど、多くの場面で道新系販売店との接点が深まり、北海道新聞社、北海道地区協の理解と支援がこれを後押しした。

長澤道新会連合会長は、連合会総会で「再販制度、特殊指定の堅持、全ての教室へ新聞を運動などの新聞無購読者対策、新聞販売の正常化、消費税軽減税率適用運動など日販協の活動は道新会の考えと軌を一にしています。新聞販売業界の発展のため、道新会の日販協加盟が必要と判断しました」と提案理由を述べた。

北海道地区本部の米原雅敏前本部長は、加入の正式決定の連絡を受け「道新系統会の加盟は非常に喜ばしいことです。我が地区本部の活性化と全国の未加入系統会への起爆剤になることを願っています」と述べ、前日の18日に就任した小田島泰治新本部長を支え本部の活性化に取り組むと強調した。