• ホーム
  • NEWS
  • 軽減税率適用目指し初会合ー新聞販売懇話会

軽減税率適用目指し初会合ー新聞販売懇話会

 date : 2013年1月30日

 

自民党新聞販売懇話会(会長=丹羽雄哉衆議院議員)は1月29日、再結成後初の会合を東京・永田町の自民党本部で開催、5%での軽減税率導入も視野に同調議員の拡大を図り、10%段階での実現を目指すことを確認した。
丹羽会長は「議論最終決着が付く今秋に向け、長丁場を乗り切り、懇話会の目的を貫徹したい」と強調。同席した日本新聞販売協会の志村栄三郎会長は、「われわれはあきらめていない。政治の力を借りながら5%の実現にがんばっていきたい」と懇話会員の一層の支持をお願いした。
 
冒頭、あいさつに立った丹羽会長は、1月24日に野田毅・自民党税制調査会長に要望書を手渡したと報告し、「野田会長からは『大綱に明記したのは単なる作文ではなく政治判断で明記した』との前向きなお言葉をいただいた」と振り返り、今後の議論に新聞販売懇話会もしっかり対応していかねばならないとの認識を表明した。また司会を務めた山谷えり子事務局長も、「欧州の例で明らかなように、新聞には軽減税率が常識。必ず実現できるよう結果を出したい」と力強く語った。
 
自民党新聞販売懇話会会合出席者
(敬称略)
▽会長・丹羽雄哉(茨城6区)、▽事務局長・山谷えり子(参・比例)、▽議員・中川雅治(参・東京)、大西英男(東京16区)、松井秀樹(埼玉1区)、黄川田仁志(埼玉3区)、神山佐市 (埼玉7区)、山口泰明(埼玉10区)、江渡聡徳(青森2区)、亀岡偉民(福島1区)、田所嘉徳(茨城1区)、額賀福志郎(茨城2区)、梶山弘志(茨城4区)、石川昭政(茨城・比例)、西川公也(栃木2区)、新藤義孝(埼玉2区)、中根一幸(埼玉6区)、柴山昌彦(埼玉8区)、大塚拓(埼玉9区)、今野智博(埼玉・比例)、田中和徳(神奈川10区)、高市早苗(奈良2区)、中山泰秀(大阪・比例)、平井卓也(香川1区)、三原朝彦(福岡9区)、山本一太(参・群馬)、関口昌一(参・埼玉)、古川俊治(参・埼玉)、佐藤ゆかり(参・比例)