厚生労働省が「『見える』安全活動コンクール」を実施

 date : 2013年8月27日

労働災害による休業4日以上の死傷者数が、平成22年、同23年、同24年と3年連続で増加し、極めて憂慮される事態が続いている。
厚生労働省では、これらの状況を踏まえ全国の関係団体、企業、事務所へ対策を要請、企業の安全衛生活動の総点検を求めている。
これに併せて厚生労働省では企業の安全への取り組みを支援する『あんぜんプロジェクト』を推進、働く従業員の安全に一生懸命に取り組み、「働く人」、「企業」、「家族」が元気になる職場創りを支援している。9月1日から同プロジェクトへの参加企業を募集、安全活動コンクールを実施し、個別企業の取り組みを広く国民に紹介を予定している。

>>詳細パンフレットはこちら(PDF)

>>厚生労働省「『見える』安全活動コンクール」のホームページはこちらから