消費増税で「転嫁カルテル」―東京都折込広告組合

 date : 2013年12月20日

東京都折込広告組合は昨年の12月17日、来年4月からの消費税増税に対応すべく、本体価格に増税分を上乗せする「転嫁カルテル」を公正取引委員会に申請し、同日のうちに受理された。
これにより、増税分の値引きを要求されるなどの過剰な負担強制の防止となる。

税制改正大網決定―軽減導入たまむし色

 date : 2013年12月14日

自民党、公明党による与党税制協議会は12月12日、2014年度の税制改正大網を決めた。

消費税の軽減税率摘要は、「税率10%時に導入する」としたものの、具体的な実施年月は示されずあいまいな決着となった。
決定合意文書では、代替財源の確保、関係事業者を含む国民の理解など、導入に向けた前提条件が付け加えられ、これらについて引き続き検討を重ね、対象品目など詳細は2014年12月の大網決定までに結論を出すとした。

大網抜粋
【軽減税率】
消費税の軽減税率制度については、「社会保障と税の一体改革」の原点に立って必要な財源を確保しつつ、関係事業者を含む国民の理解を得た上で、税率10%時に導入する。
このため、今後、引き続き与党税制協議会において、これまでの軽減税率をめぐる論議の経緯及び成果を十分に踏まえ、社会保障を含む財政上の課題とあわせ、対象品目の選定、区分経理等のための制度整備、具体的な安定財源の手当て、国民の理解を得るためのプロセス等、軽減税率制度の導入に係る詳細な内容について検討し、14年12月までに結論を得て、与党税制改正大網を決定する。