令和2年度「『見える』安全活動コンクール」を実施(厚労省)

厚生労働省では8月3日から、労働災害防止に向けた事業所・企業の取り組み事例を募集・公開し、国民からの投票等により優良事例を選ぶ令和元年度「『見える』安全活動コンクール」を実施します。


このコンクールは、安全活動に熱心に取り組んでいる事業場等が国民や取引先に注目される運動(「あんぜんプロジェクト」)の一環として実施するもので、平成23年度より実施しており、今年度で10回目を迎えます。

応募期間は、8月3日(月)から9月30日(水)までとしており、応募事例は「あんぜんプロジェクト」のホームページに掲載し、11月2日(月)から12月31日(木)の間に実施する投票の結果等に基づいて、優良事例を発表する予定です。

「見える」安全活動とは、危険、有害性について、通常は視覚的に捉えられないものを可視化(見える化)すること、また、それを活用することによる効果的な取り組みを言います。さらに、自社の安全活動を企業価値(安全ブランド)の向上に結びつけ、一層、労働災害防止に向けた機運を高めることも狙いとしています。

厚生労働省では、本コンクールの実施を通じて、引き続き「労働災害のない職場づくり」に向けて取り組んでいきます。



◆実施スケジュール(予定)


募集期間:令和2年8月3日(月)から令和2年9月30日(水)

投票期間:令和2年11月2日(月)から令和2年12月31日(木)

結果発表:令和3年2月下旬



◆取組事例の応募方法


「あんぜんプロジェクト」ホームページ上の「『見える』安全活動コンクール」特設ページから、申請書をダウンロードし、電子メールに添付して応募してください(腰痛対策等の労働衛生分野も対象になります)。




◆取組事例への投票方法


令和2年11月2日(月)から、「『見える』安全活動コンクール」特設ページ内の「応募作品」ページから誰でも簡単に投票できます。(締め切り:令和2年12月31日(木))