top of page

新聞の信頼度67.1点―新聞通信調査調べ

新聞通信調査会は11月12日、今年8月26日~9月13日の期間に行った「第15回メディアに関する全国世論調査」の結果を公表した。それによると、信頼度得点で新聞は67.1点となり、トップのNHKテレビに僅差で続いた。

調査は全国の18歳以上の男女5,000人を対象に訪問留置法で行い、2,993人(59.9%)から回答を得た。

 新聞の購読率は、調査を始めた2008年度から低下傾向が続いており、今回は58.3%で08年度の88.6%から30.3ポイント低下、前回調査からは3.1ポイント低下した。全国紙は27.0%で同3.2ポイント低下、県紙・地方紙は23.8%で同1.1ポイント低下、ブロック3紙は8.4%で同0.8ポイント上昇した。

 今後の新聞との接し方については、「紙の新聞を購読する」と答えた人が最も多く47.2%となったが、18年度の58.5%から低下を続けている。一方、「図書館やインターネットなど無料で読める分で十分なので、新聞は購読しない」は27.5%(18年度は20.4%)、「無料でも新聞は読まない」は13.6%(同8.8%)と上昇傾向にある。


コメント


bottom of page