新会長に深瀬和雄氏 日販協

日本新聞販売協会の第69回通常総会が9月15日、東京・一ツ橋の如水会館で開かれた。

事業計画、予算を決め、役員改選では臨時理事会を開催し、深瀬和雄氏(東京・毎日)を第32代会長に選任した。


来賓には経済産業省、厚生労働省から担当官が、新聞協会販売委員長他、在京各社販売責任者が出席した。


深瀬会長は、先人が築き上げた戸別配達制度を後世に残すことが我々の責務だと強調したうえで、


「労務問題は今後の大きな課題である。外国人雇用の規制緩和や技能実習生の導入などを行政に求めていきたい。また、『すべての教室へ新聞を』運動の更なる推進に向け、発行本社に理解と支援をお願いしたい。また、この難局に立ち向かうためには、組織の結果と拡充が必要だ。引き続き、一緒に活動していただける仲間づくりに取り組んでいきたい」


と決意を述べた。

ブログへようこそ。ここを利用して新しい読者やフォロワーが興味をもつような内容を紹介しましょう。ビジネス、トレンド、ニュースなどの最新情報を記事に載せましょう。